サッカーアンテナ

ドルトムント爆発事件でファン同士が見せた絆…熱烈エールに宿泊提供も

2017/04/12 11:40フットカルチョ!
1
ドルトムントは11日、チームバスが3度の爆発に襲われた。この事件で、スペイン代表DFマルク・バルトラが右手に手術を強いられるケガを負い、同日行われる予定だったチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグのモナコ戦も翌12日に延期となった。

アウェイのスタジアムに駆けつけたモナコ・サポーターにとっては残念な試合延期となった。スタジアムから約10キロ離れた場所で起きた爆発事件とはいえ不安も増す状況だが、延期決定後も大半のサポーターがスタジアムに残り、「ドルトムント! ドルトムント!」とチャントを大合唱。熱烈なエールで相手クラブへのサポートを示した。これにはドルトムントもクラブ公式ツイッターを通じ、「モナコ・サポーターのご協力と、チャントに感謝します」とコメントしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00575157-soccerk-socc
続きを読む
続きを表示する

この記事につけられたタグ

新着情報2017/04/12 11:40更新

もっと見る