サッカーアンテナ

【原口元気】出場機会減少の原因はプレミア移籍の夢?ドイツ紙が分析!

2017/04/12 14:01Samurai GOAL
1: 名無しの24時 2017/04/12(水) 12:48:40.80 ID:CAP_USER9
ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気の近況に関して、ドイツ紙『ビルト』が分析を公開している。

原口は2016-17シーズン、フル出場こそ14試合に留まっているものの、ブンデスリーガ28戦中26試合に出場し1得点2アシストを記録している。
しかし、過去数試合ではパフォーマンスを落とし、第28節のアウグスブルク戦では昨年12月以来の出番なしに終わった。

同紙は原口が出場機会を失いつつある背景に、去就問題があると指摘した。

原口とヘルタの契約は2018年までとなっているが、クラブは昨年末に3年間の契約延長を提案したという。
しかし、原口はプレミアリーグでプレーしたい意向を持っているため、交渉が難航しているとのこと。

代理人のヒール・デッカーと話し合いの場を設けた際にも、この意向は共有された。
もっとも、具体的なオファーは届いていないため、ヘルタへ移籍する際に力になった代理人トーマス・クロート氏にも相談し、将来に関して模索しているという。

確かに原口は過去に、去就に関する悩みを明かしたことがある。『Goal』が行ったインタビューでは「今の環境で(シーズン)10点は難しいところがある。
ヘルタは粘り強くポイントを取れるチームで、すごく成長させてもらいましたし、ここでまだまだ伸びる部分もあると思う。

だけど、ここじゃ伸ばせない部分があるのは確か。だからステップアップも選択肢の1つだし、国内外問わずちょっとは考えていますけどね」と話していた。

もっとも、プレミアリーグのクラブへ移籍するためには今いるチームにおけるアピールが必要不可欠となる。
特に国外クラブへ向けてアピールするためには具体的な数字が必要となってくるだけに、シーズン終盤における巻き返しが期待されるところだ。

なお、パル・ダルダイ監督は現状について「サイドの攻撃的な選手にはアシストとゴールが求められる。原口は改善しなければらない。
(バレンティン)シュトッカーが好調を維持しているから、ゲンキは待つ必要がある。試合に出たいのなら力を示さなければならない」と見解を明かしている。

GOAL 4/12(水) 11:58配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000005-goal-socc

写真
no title

続きを読む
続きを表示する

この記事につけられたタグ

新着情報2017/04/12 14:01更新

もっと見る