サッカーアンテナ

【 香川プレー集 】ドイツ、イタリア、アメリカ・・・各国メディアが香川真司を大絶賛!「希望を繋いだ」「負傷休暇を経ても好調維持」

2017/04/13 14:21SAMURAI Footballers
1: 2017/04/13(木) 12:52:56.42 ID:CAP_USER9
no title

■独メディア、1G1Aの香川にチーム最高の評価 採点を控える媒体も


現地時間12日(以下現地時間)に行なわれたチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのモナコ(フランス)戦にフル出場し、 チームの1点目をアシスト、2点目を自らマークしたドルトムント(ドイツ)の香川真司。 チームは2対3で敗れたものの、独『FussballTransfers.com』は同選手にチーム最高の「2」をつけた(ドイツの評定は1が最高、6が最低)。

同サイトは「香川が希望を繋いだ」と述べ、同選手について「序盤にオーバメヤンに出した縦パスが目標を捉えていたら、 試合は違う結果になっていたかもしれない。前半最大のチャンスも、彼から生まれたものだった。 後半、香川は再び前へ上がる。1点目に足で絡み、素晴らしいステップを踏んだあと、2点目を自らマークした」と綴った。

香川に次いで高評価だったのは、ラファエル・ゲレイロの「2.5」。そのほか、先制点を決めたウスマン・デンベレ、マティアス・ギンターが「3」だった。
なお、独『sportbuzzer.de』は「11日に起きたBVB(ドルトムントの略称)チームバス襲撃事件後に試合に臨んだ選手たちのパフォーマンスに敬意を表し、採点は行わない」と述べている。

独スポーツ専門サイト『ran.de』も同様の理由で採点は行わないとコメント。寸評では香川の2点目について「トラップもその後の処理も、2対3としたフィニッシュも、ワールドクラス。 全体的に非常に良いパフォーマンスだった」と称えている。

ISM 4/13(木) 9:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000012-ism-socc


■1得点1アシストの香川に単独最高点! CL4強へ望みつなぐ「重要なゴール」と伊メディア称賛


イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、試合後に採点を公開し、香川にチーム単独トップの評価を与えて称賛している。

香川は0-2で迎えた後半12分、左サイドのDFゲレイロからのクロスを中央でFWオーバメヤンが体勢を崩しながらヒールでつないだボールを折り返し、
デンベレのゴールをアシスト。その後チームが3失点目を喫するものの、同39分、香川はエリア内で持ち前の高い技術を披露し、鋭い切り返しから左足のシュートでネットを揺らした。

試合には2-3と本拠地で痛恨の敗戦を喫したが、全得点に絡む活躍で第2戦へと望みをつないだ。 サッカー界を震撼させた爆破事件翌日という難しい状況下でも輝きを放った香川に、同メディアは「7点」とチームトップの点数を与えている。

Football ZONE web 4/13(木) 12:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170413-00010010-soccermzw-socc


■米メディアが香川にチーム最高タイ評価 CLモナコ戦1G1Aで「負傷休暇を経ても好調維持」

米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の採点では、香川は途中出場でチームの流れを変えたMFプリシッチ、MFシャヒンとともにチームトップタイの7点が与えられている。

「この日本代表は1ゴール1アシストで、短い負傷での休暇を経ても好調維持することができた」

 ホームで手痛い黒星ということもあり、高評価とはいえ香川についての寸評も熱は抑え気味だった。それでも、特に後半は正確なパスと、キレのある動きで絶大な存在感を示していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170413-00010001-soccermzw-socc

■動画
続きを読む
続きを表示する

この記事につけられたタグ

新着情報2017/04/13 14:21更新

もっと見る