サッカーアンテナ

ドルトムントの監督が事件翌日の試合開催に怒り(海外の反応)

hh
ドルトムントは12日、ホームでモナコとのチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグを戦った。同試合の日程について、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督がコメントした。イギリスメディア『BBC』が13日付で報じている。  同試合は11日に行われる予定だったが、当日スタジアムへの移動中に、チームバスを3度の爆発が襲った。事件が発生したことにより、試合は12日に延期。しかし指揮官は、延期の日程を決めたUEFA(欧州サッカー連盟)に対して苦言を呈したと報道されている。 「UEFAは、私たちに対してテキストメッセージを送ってきた。延期の日程は私たちを困惑させている。これほどの悪い気分を忘れないだろう。この事件に対して時間をかけて対処することを望んでいたが、UEFAの誰かが私たちに試合を強要した」と、事件翌日に試合開催となったこと対して、憤慨している模様だ。以下略(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。


続きを読む
続きを表示する

この記事につけられたタグ

新着情報2017/04/13 22:37更新

もっと見る