サッカーアンテナ

香川復活劇に見る数値上の変化…ドルトムント先発奪還後はキーパス増加&走行スピードアップ

2017/04/14 08:00フットカルチョ!
1
UEFAチャンピオンズリーグ(CL)は準々決勝を迎え、日本代表MF香川真司が所属するドルトムント(ドイツ)は本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクでモナコ(フランス)との第1戦に臨んだ。当初は現地時間11日に開催される予定だったが、試合開始の約1時間半前にチームバスを狙った爆破事件が発生。これにより主力のDFマルク・バルトラが負傷する事態となり、世界に衝撃が走った。

あまりにもショッキングな出来事が起きた翌日のゲームだけに、ドルトムント側にメンタル面での動揺があったことは想像に難くない。そうしたなかで香川は、スタメンとしてピッチに立った。3月からレギュラーポジションを確保し、先週末のバイエルン戦こそ負傷欠場したが、この試合で復帰すると1ゴール1アシストと活躍。残念ながらチームは2-3と敗れたものの、その動きとプレーは現在のドルトムントに不可欠なものであることを示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170413-00010022-soccermzw-socc
続きを読む
続きを表示する

この記事につけられたタグ

新着情報2017/04/14 08:00更新

もっと見る