サッカーアンテナ

本田圭佑は“被害者“の1人なのか…2000年以降のミラン指揮官ランキングで下位に「元上司」がズラリ

2017/05/20 09:00フットカルチョ!
1

ミランといえば世界を代表するビッグクラブだが、近年は思うような結果を残せず苦しい日々を過ごしている。欧州カップ戦出場権すら獲得できない状況で、これまでの成功を考えると暗黒期と言ってもいいかもしれない。指揮官がコロコロと変わったこともそれを象徴する出来事と言える。

今回英『Squawka』は2000年以降にミランで指揮を執った監督をランキング形式で紹介しているが、下位には最近ミランを指揮してきた人物がズラリと並んでいる。まず11位には昨季終盤から指揮を任されたクリスティアン・ブロッキだ。ブロッキはミランの下部組織で監督を務めていたのだが、チームを最後まで安定させることができずにシーズン途中で解任。ミランがいかに混乱していたかが分かる人事でもあった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00010019-theworld-socc
続きを読む
続きを表示する

この記事につけられたタグ

新着情報2017/05/20 09:00更新

もっと見る