サッカーアンテナ

堂安律(ガンバ大阪)をアヤックスが本格調査へ結果次第では今夏にも正式オファーへ発展する可能性

1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/20(土) 09:41:28.66 ID:CAP_USER9.net
サッカーU―20W杯(20日開幕・韓国)に出場するU―20日本代表は19日、韓国・水原市内で約1時間半の練習を行った。MF堂安律(18)=G大阪=に対し、オランダ1部で最多33度の優勝を誇る名門・アヤックスが本格調査に乗り出したことが分かった。韓国へのスカウト派遣も決まり、結果次第では今夏にも正式オファーへ発展する可能性もある。

欧州屈指の名門が日本の誇るレフティーにほれ込んだ。オランダリーグの関係者によると、アヤックスが堂安の獲得に向けて、本格調査を始めたことが分かった。U―20W杯期間中も現地にスカウトを送り込み、徹底マークするもようだ。昨年夏に正式オファーを出した同じくオランダの強豪・PSVも継続的に調査を続けており、オランダのビッグクラブが争奪戦に発展する可能性もある。

U―20日本代表で右サイドMFのレギュラーを務める堂安は、高い技術とフィジカルの強さを併せ持つアタッカー。最大の武器である左足からのシュートやパス、力強いドリブルにも優れ、日本の攻撃をまとめる存在だ。今季は所属のG大阪でも出場機会を増やし、リーグ戦8試合3得点。5日の清水戦後には視察した日本代表のハリルホジッチ監督(65)が「非常に能力が高く、若くて面白い選手」と絶賛するなど、頭角を現している。

世界にも認知され始めている。米スポーツ専門局「ESPN」は、U―20W杯注目の10人の中に、バルセロナの下部組織で育ったFW久保や韓国代表FWイ・スンウらを抑え、アジア人で唯一選出した。昨年のU―19アジア選手権では大会MVPを獲得し、昨年末にはアジア最優秀ユース選手賞も受賞。名実ともにアジアの若手の有望株だ。

この日は大会初戦となる21日の南アフリカ戦に向けて練習。FK練習では、5本中2本を決めるなど好調をアピールした。今大会、堂安への注目ががぜん高まってきた。

◆アヤックス(オランダ)1900年にオランダ・アムステルダムに創立。欧州CL4回、トヨタ杯(現クラブW杯)2回、リーグ最多33回の優勝を誇る名門。元オランダ代表FWベルカンプや同代表MFスナイデル(現ガラタサライ)を育てるなど、育成組織に定評がある。今季リーグ戦は2位。本拠地はアムステルダム・アレナ(5万3052人収容)。

◆堂安 律(どうあん・りつ)1998年6月16日、兵庫・尼崎市生まれ。18歳。浦風FC、西宮SSを経て、G大阪ジュニアユース。高2の15年にトップチームの試合に出場可能な2種登録され、5月27日のACL・FCソウル戦でクラブ史上2番目の16歳11か月11日で公式戦デビュー。6月3日のJ1鹿島戦で、クラブ史上最年少リーグ戦デビュー。172センチ、70キロ。
2017-05-20_10h13_38
スポーツ報知 5/20(土) 6:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000281-sph-socc
続きを読む
続きを表示する

この記事につけられたタグ

新着情報2017/05/20 10:16更新

もっと見る