サッカーアンテナ

サウジ代表がロンドンテロの犠牲者に対する黙とうに参加しなかったことに波紋拡がる(海外の反応)

tr
8日にオーストラリア・アデレードで行われたW杯アジア最終予選B組のオーストラリア―サウジアラビア戦で、サウジアラビア代表選手の行動が話題となった。
 キックオフ直前、3日に英ロンドンの中心部ロンドン橋などで起きたテロ事件の犠牲者に、1分間の黙とうがささげられた。オーストラリア代表の選手は一列に並んで肩を組んで黙とう。サウジアラビア選手はピッチ中央には集まらず各自がピッチに散らばった。
 黙とうを拒否したように見えるサウジアラビア代表の行動に対し、テロで犠牲者が出たオーストラリアの地元観客からは非難のブーイングが飛んだ。ネット上でも非難の声が上がった一方で、文化の違いによる誤解との指摘もあった。以下略(スポニチ)
海外の反応をまとめました。

続きを読む
続きを表示する

この記事につけられたタグ

新着情報2017/06/09 06:48更新

もっと見る