サッカーアンテナ

【海外の反応】「イングランドの天気で娘の顔色が変わった」「まるで洞窟の中」英国生活を酷評のスペイン代表FWが移籍熱望

2017/06/09 10:08NO FOOTY NO LIFE
マンチェスター・シティのスペイン代表FWノリートは、出場機会の少なさから、在籍わずか1年での退団を希望しているという。が多く、寒い時期が長い英国特有の気候や、生活面での不満を口にしたことを、スペインのラジオ番組「エル・トランジスター」が報じている。

 ノリートは昨夏、セルタから同胞のジョゼップ・グアルディオラ監督が就任したシティへ移籍。即戦力として期待されながら、リーグ戦19試合出場で4得点に終わった。

 ノリートはエル・トランジスターのインタビューで、「娘の顔の色が変わった。彼女はまるで洞窟の中で暮らしているようだ」とスペインに比べて寒い期間の長いマンチェスター気候を酷評。さらに、英国での生活に際して、「覚えた英語は本当に少しだけ。トゥモロー(明日)、グッドモーニング(おはよう)、グッドアフタヌーン(こんにちは)、あといくつかだね」と、英語の習得に積極的に向き合わなかったことを明かしている。

 現在、ノリートにはセビージャ移籍の噂が出ており、心はすでにマンチェスターから離れている様子。「(シティと)契約を結んでいるから、クラブが決めることだけど、僕はここから離れたい。半年間まともにプレーしていない。ワールドカップ(W杯)のスペイン代表メンバーになるためにはなんでもする」と答え、強行手段による移籍も辞さない構えを示している。

 シティでは背番号9を与えられたノリートだが、初のプレミアリーグ挑戦は苦い思い出だけが残る結果になりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170608-00010012-soccermzw-socc

UK weather Heavy rain to greet 2017 after one of driest Decembers on record

続きを表示する

この記事につけられたタグ

新着情報2017/06/09 10:08更新

もっと見る