サッカーアンテナ

久保裕也に続く“新鋭”南野拓実はなぜ代表に呼ばれないのか!? 市場価値は約3倍になるも…

2017/06/09 20:30フットカルチョ!
1
現在、そして未来の日本代表のためにも、FW南野拓実(22)を代表へ招集するべきではないのか。

海外組の最急上昇株といえば、間違いなくヘントFW久保裕也の名前が挙がるだろう。今後のさらなる成長や活躍が期待され、日本代表の将来を担うキーマンとなるかもしれない。ただ、近年の欧州で躍進を遂げている新鋭は、彼だけではない。久保と同年代で、オーストリアで活躍するRBザルツブルクの南野もその一人だ。

たしかに昨夏に開催されたブラジル五輪への参加などで、今季はスタートダッシュを決めることができず、2015-16シーズンよりもベンチを温める機会が多かった。本人も以前、クラブ公式サイトのインタビューで「当然もっとプレイしたい気持ちはある」と述べたほどだ。だが、結果だけ見れば、リーグ戦21試合に出場して11ゴール4アシストを記録。32試合に出場した2015-16シーズン(10ゴール4アシスト)以上の数字を残しており、ザルツブルクによるオーストリア史上初の4年連続2冠(南野にとっては3年連続)に貢献した。そのため、同インタビュー内で「自分自身の自信にもなっている。僕らアジア人には俊敏性があるし、最初はその特徴を活かすことができなかったが、今はゴール前でだいぶできるようになった」ともコメントしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170609-00010013-theworld-socc
続きを読む
続きを表示する

この記事につけられたタグ

新着情報2017/06/09 20:30更新

もっと見る