サッカーアンテナ

クロップが愛弟子オーバメヤンの獲得を希望?クラブレコードの移籍金額に疑問の声も

2017/06/19 22:00フットカルチョ!
1
リヴァプールがボルシア・ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの獲得準備を進めている可能性が浮上した。フランス紙『ル・パリジャン』が報じている。

今夏でのドルトムント退団が濃厚と見られるオーバメヤンは、かつて同チームを率いた恩師ユルゲン・クロップ監督の下で再びプレーすることになるもしれない。『ル・パリジャン』によると、リヴァプールは移籍金7000万ユーロ(約87億円)で同選手の獲得を目指すという。クロップ監督との再会のほか、リヴァプールが来季チャンピオンズリーグ出場権を獲得したことが、選手本人が移籍をするメリットとして伝えられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000027-goal-socc
続きを読む
続きを表示する

この記事につけられたタグ

新着情報2017/06/19 22:00更新

もっと見る