サッカーアンテナ

伊紙、ミラン・本田を大特集! 「日本人の王子はみんなを幸せにする」

2014/04/08 18:30フットボール速報
1 名前:名無しのサッカーファンさん:2014/04/08 18:30:10

「商業的にもスポーツ的にも、ミランのみんなが喜んでいる」
ジェノア戦で待望のセリエA初得点を決めたACミランMF本田圭佑の特集記事がイタリア紙
「ガゼッタ・デロ・スポルト」で掲載された。
見出しは「人物 本田圭佑。日本人の王子はみんなを幸せにする」。
記事ではピッチ内外で日本企業からのスポンサー収入、そして、
チームに勝ち点と二重のメリットを生み出している本田の特殊性について触れている。
「2人の社長(バルバラとガッリアーニ)を喜ばせることができる唯一の選手だ。
バルバラ(ベルルルコーニ)は、気前のいい日本人のスポンサーが来るのを本田がいることで可能になるので大いに喜んでいる
(そのスポンサー収益は2年間で200万ユーロ)。
アドリアーノ・ガッリーニ最高経営責任者は、昨夜“大阪の王子”がやっと順位の勝ち点に貢献し始めたから喜んでいる。
商業的にもスポーツ的にも、ミランのみんなが喜んでいる。もちろん彼自身も。
圭佑はここ最近のミラネッロに徘徊する選手達で、最もミステリアスな男だ。彼には入り込みにくい。
少しというより、ほとんど話したがらない。(数日前のインタビューの最後で、次にインタビューを受けるまでには長い時間がかかる……とも言っていた)。
ピッチでは持続性がない。セードルフは疲れきるほど、『圭佑に時間を与えてくれ、急がないで、
イタリアはロシアリーグとは違う』と話していた」
「とてもプロフェッショナルでミステリアスではなくなっている」
「1月、イタリアでの彼の冒険はとてもいいスタートを切った。コッパ・イタリアのスペツィア戦ではゴールを決めた。
その後、“赤と黒”のサムライは、セードルフによって右サイドに置かれ自らを見失った。
『哲学は違うが、監督の意図に適応したい』とガゼッタ紙に圭佑は語った。100メートルの走者でもなく、
デ・ヨングのような戦いの戦士でもないが、とてもプロフェッショナルだ。練習でも試合でも。
このポジションをこなして、ミステリアスではなくなってきたので、昨日のように、より攻撃に参加できるようになる。
この日本人がゴールをもたらした。このスタジアムでのゴールは、日本人として最初の選手、
(ジェノアにかつて在籍したカズ)三浦を思い出させる。運命の証と言える。
(全文)http://news.livedoor.com/article/detail/8715102/

続きを表示する

この記事につけられたタグ

新着情報2014/04/08 18:30更新

もっと見る