サッカーアンテナ

【本田圭佑タッチ集】本田リーグ戦初ゴールのジェノア戦・・・伊紙各紙の評価 & スタッツ

2014/04/08 18:00SAMURAI Footballers
manuclbrag670reut


ガゼッタ・デロ・スポルト『6.5点』


寸評は「ゴールの後、プレーはよくなった。イタリアでは2ゴール目、セリエAでは初ゴール。でも守備はもっとやらなくてはならない」とし、得点以前のプレー、そして、守備面での乏しさを指摘した。  MVPはGKのアビアーティの『7点』。先制点のMFターラブも『7点』だった。


コリエレ・デロ・スポルト『6.5点』

「攻撃に出るアントネッリにこの日本人は常に続けてやられていたが、100m走者のごとく、生き生きと2点目のゴールを決めにいった。リーグ初ゴールとなった」

 相手の左サイドバックのDFルカ・アントネッリとの攻防で不利に立たされたことを厳しく指摘しながらも、ゴールを狙う際のアグレッシブさは評価の対象としていた。やはり、MVPはアッビアーティとターラブの『7点』で、本田はそれに次ぐ高い評価だった


トゥット・スポルト『6.点』

「イタリアリーグの闘争のリズムがまだ分かっていない。ちょっと散歩して、ちょっとぼんやり夢うつつでいた。ターラブのアシストでゴールを決めてセリエA初ゴールを決めて、目覚めるまでは」

 MVPはターラブの最優秀『7.5点』。最低点はFWパッツィーニの『5.5点』で本田はそれよりも1つ上の評価に留まった


全文 → http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140408-00010007-footballc-socc 

続きを読む
続きを表示する

この記事につけられたタグ

新着情報2014/04/08 18:00更新

もっと見る